musician's talk ウクレレを愛するミュージシャンへのインタビュー
gray-dot
jake shimabukuro

「ウクレレで表現するのは正直な僕だから」


ウクレレプレイヤーだった母親に自分も弾きたいとせがみ、4歳から習い始めたウクレレ。次第にその魅力に取りつかれ、ウクレレ少年はいつしか世界中で演奏するウクレレ・ヒーローになった。そして2011年はソロデビュー10周年を迎えるジェイク。I ♥ UKULELE TOUR 2010のファイナルを明日に控えた宮崎でロング・インタビューを行った。

JAKE SHIMABUKURO Profile

1976年11月3日ハワイ・ホノルル生まれ。4歳よりウクレレを始め、高校を卒業した98年に「ピュア・ハート」のメンバーとしてデビュー。2000年新バンド「コロン」を結成。02年1月、コロン解散に伴いソロ・アーティストとしての活動をスタートさせる。クラシックやジャズ、ロック、ブルースといったあらゆるジャンルの音楽を、卓越したテクニックと独自のフィーリングで情熱的なサウンドへと昇華させ、それまでのハワイアン・ミュージック・シーンに大きな影響を与えた。彼の登場によってウクレレ・ミュージックの概念も大きく変化したと言われている。

ジャパン・オフィシャル・サイト http://www.jklub.jp/

Ka ‘Ukulele Lele 『I ♥ UKULELE』
Jake Shimabukuro
(SICP-2767)

Text:MASUMI NAKAJIMA(RAVEN WORDS’WORKS)
Photo:YASUHIKO ROPPONGI(OFFICE SIXX)
Design:TARO WATANABE(77GRAPHICS)




















line

arrowトップページに戻る

 

©T.KUROSAWA & CO.,LTD All Rights Reserved.